花図譜:粒子

K7_IMGP5449_500k.jpg
K7_IMGP5462_500k.jpg
K7_IMGP5459_500k.jpg

普段持ちのカメラをいろいろ試して原点回帰です。
デジタル一眼を始めたブランドがペンタックス。
華々しくデビュー後、高感度性能の弱さが時代とアンマッチで
評判芳しくない、2世代前のK-7です。

ティーザーサイトでの興奮は未だに忘れませんが、
当時、ちょうどニコンに移行したばかり。
ほとんどのペンタックスシステムを手放してしまったあとで
縁はなかったのですが、<普段持ち運べる質量+持つ喜び+やっぱり一眼レフ>
という若干強引な理屈と中古がすごく安くなっていたのがきっかけで再びペンタックスへ。
サイズと質感がすごく手に馴染むカメラシステムであることは
手に持った瞬間にわかりました。これこれ、コレですよ〜。

高感度モノクロフィルムで撮ったような雰囲気に撮れました。
撮って出しのこの粒子感は、なかなかグッと来るものがあります。

メインがニコンであることは変わりないですが、
MFレンズを中心にゆっくり嗜むことにしましょう。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。