翠の影と。

DSCF0447.jpg

DSCF0448.jpgDSCF0451.jpg

記憶した色が出るのがこのカメラのようです。S5pro。
Nikon D200 のボディの小気味良さとJpegでいいと思える好みの発色。
スポンサーサイト

Read more...

十重二十重

DSCF0488_2.jpg

DSCF0489_1.jpg DSCF0494_1.jpg


Read more...

犍陀多に、大蛇に。

DSCF0478_2.jpg

Read more...

夏の夢瞼

DSCF0469.jpg

DSCF0470_1.jpg

向こうに渡ってみますとも。

Read more...

みずの森の夏:睡蓮抄 II

D30_8897.jpg

D30_8874.jpg

濃密な赤と白。どこか儚い大賀ハスの違って、睡蓮は小さいながらも凛とした姿が良いです。

Read more...

みずの森の夏:睡蓮抄

D30_8949.jpg

D30_8962.jpg D30_8955.jpg

季節はもちろん、時間帯でも違う品種が見ることができます。

Read more...

みずの森の夏:白の時間

D30_8849.jpg

D30_8852.jpg D30_8842.jpg

オオオニバスの白い花です。葉の開いていくさまは何か別の生き物です。

Read more...

みずの森の夏:ほとりの陰陽

D30_8819.jpg

D30_8822.jpg D30_8823.jpg

プリセットしておいたモノクロ設定で。あとからのモノクロ変換でなく最初からモノクロ設定で撮るほうが
しっくりした物が抑えられる気がします。

Read more...

みずの森の夏:古代の蓮

DSC_1441.jpg

D30_8810.jpg D30_8799.jpg

大賀ハスは、2000年以上前の古代のハスの実から、大賀一郎博士の尽力によって
発芽・開花したハス(古代ハス)のこと。その蓮が七分程開花したので早朝、群生地を訪れました。
草津の群生地の蓮は、千葉県の農業試験場から分譲していただいた由緒正しいもの。だそうですね、すごい。

Read more...

みずの森の夏:朝の訪問。

D30_8883.jpg

D30_8877.jpg D30_8863.jpg

蓮の最盛期を迎えた群生地に行ってきました。
最初は肝心の蓮の写真ではなく、“彼”に。
ブルーとのコントラストが綺麗です。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。